ABOUT
WELCOME TO LOW & SLOW
海外で展開を行う、大人気のテキサスBBQレストラン”SMOKE HOUSE”が、
東京の中心地・渋谷駅から徒歩2分、そして街を一望できる8階に”LOW & SLOQ”という店名として日本発上陸。
LOW & SLOWと他のBBQレストランとの大きな違い、それは本国でも利用している、美味しさを追及するために世界に一つしかない、
こだわり抜いた5mを超えるビッグサイズのドラム式オリジナルスモーカーです。オリジナルスモーカーを使い、
本場テキサスのレシピ、そして薪を100%利用した調理工程を用い12時間以上のスモークした、最高級のBBQ料理をお届けします。
LOW & SLOWでテキサスを体験できるでしょう。
HISTORY OF BBQ
大航海時代にスペインがメキシコから持ち込んだといわれている。
当時は冷蔵設備がなく、保存が利く食材としては、生きた牛が適していた。
その持ち込まれた牛が、米国テキサスのあたり、牧草が豊富な肥沃な大地で
数を増やしていったものと考えられている。
そこでネイティブアメリカンが、丸焼き風に牛肉を調理するのを入植者であるスペイン人が見て、
「丸焼き」を意味するスペイン語のバルバコア(barbacoa)と名づけられた。
そこからバルバコア(barbacoa)が食文化として広がっていき、バーベキュー(barbecue)となり、
今ではテキサス州、ミズーリ州(カンザスシティ)、ノースカロライナ州 / サウスカロライナ州、
テネシー州(メンフィス)を中心に、世界有数の大きな食文化に育っていった。
ABOUT SMOKE HOUSE
アメリカの本場のBBQレストランを”SMOKE HOUSE”と呼び、ソフルフードとも言える、アメリカを代表する伝統料理である。
ガスも電気も一切使わず、伝統的なスパイスを織り込んだ素材を、薪を燃やして起した熱と煙だけで
LOW AND SLOW(低音で長時間)SMOKEすることが、SMOKE HOUSEの名前の由来である。
全米中にSMOKE HOUSEという名の専門店が幾千とあり、PIT MASETER(ピットマスター)と呼ばれる職人達が、
こだわり抜いた料理方法で、オリジナルの味を生み出す。
SMOKE HOUSEで利用される、使用部位はベビーパックやセントルイスカットリが主であり、特に本場、
テキサス州はビッグサイズが好まれ、ポークスペアリブが主流である。
※バックリブ:ロース側の骨付き肉でアメリカならではの商品。脂が少なく柔らかい
※セントルイスカットリブ:余分な脂をトリミングしたカットスタイル
PORK CUTS
PIT MASTER JESSE KING
世界で活躍するJesse Kingは、
テキサスで人気の名門BBQレストラン”Micklethwait Craft
Meats”で修行し、テキサスBBQの可能性をアジアへ広げるべくインドネシア・バリで
“Smokehouse BBQ”を立ち上げ、その味は世界の人々に認められた。
今回、待望の日本発上陸となる”LOW & SLOW”はPIT MASTER”Jesse King”が
彼の故郷である、テキサス州オースティンで愛される、
本場のテキサスBBQを多くの人に知ってもらいたいという想いでオープンする、
テキサスにいなくとも本場を感じることができる世界でも有数のテキサスBBQレストランです。
本場の味、手法、全てを知りつくした
PIT MASTER”Jesse King”が監修する、ポークスペアリブに、
長時間燻製されたビーフブリスケット、プルドポーク、
テキサスホットリンクソーセージやスモークフライドチキンを
一度味わえば、あなたもLOW & SLOWファンになるはず!